北海道カジノのバカラゲーム

北海道カジノバカラのルール/やり方

北海道カジノバカラのルール/やり方

バカラは、中世フランスの貴族たちの間で楽しまれていた「シェマン・ド・フェール」(Chemin de Fer)や「プント・バンコ」(Punto Banco)が起源のゲームとなっており、現在は中国人を中心とするアジア系の人々に人気が高いカジノゲームで、北海道カジノでは一般人が利用する平場やお金持ちのための会員制賭博場であるVIPルームを問わず、バカラをプレイするために中国人や朝鮮人(北朝鮮や韓国)の観光客が多く訪れることが考えられます。

 

そんなバカラは、プレイヤー側かバンカー側のどちらに配られたカードの合計数が9に近くなるかを予想する二者択一ゲームであり、プレイヤーはどちらの側が勝つかを予想してカジノチップを賭ける以外、とくにルールを覚える必要はなく、ディーラーが出目の組み合わせによって、定められたルールに沿ってゲームを自動的に進めてくれます。

 
そして、ゲームの勝敗は、手持ちカードの合計数の下一桁目が「9」に近い側が勝利し、逆にこの値が「0」に近づくほど弱い目になります。

 

また、カードの数字カウントの方法は、A(エース)から9まではその数字のまま数え、10とJ・Q・Kの絵札は「0」と同じ意味としてカウント、カード合計数が10以上になる場合は1の位が合計点数の数字となります。

 
* プレイヤー側、バンカー側とは、実際のプレイヤーとディーラーを示す呼び名ではなく、あくまでベットエリアの名称として使います。

北海道カジノバカラのゲーム進行

1. チップをベットする

ディーラーがコールしたあと、プレイヤーはバカラテーブルのベットエリアに賭けたい金額分のカジノチップを置きます。

 
ベットできるエリアは、バンカー側が勝つと予想するエリア、プレイヤー側が勝つと予想するエリア、勝負が引き分け(Tie)になると予想するエリア、最初に配れらた2枚のカードが同じになることを予想するペアベット(Pair Bet)エリアの4つのベットスペースがあり、ペアベットエリアについては、プレイヤー側とバンカー側の2ヵ所にエリアが分かれています。
 

2. カードが配布される

ディーラーの「No more Bet」のコールの後、プレイヤー側とバンカー側の両方に2枚ずつカードを配布します。

 
この時、最初にプレイヤー側に1枚目のカード、次にバンカー側に1枚目のカード、そしてプレイヤー側に2枚目のカード、最後にバンカー側に2枚目のカードという順番で配布が続いていきます。

 
その後プレイヤー側のカード、次にバンカー側のカードがオープンされ、どちらかの2枚のカード合計数が8または9の場合はナチュラル(Natural)となり、その数が出た側が勝ちとなります。

 
一方、それ以外の数字だった場合は、バカラのルールに沿ってプレイヤー側とバンカー側の両方に3枚目のカードを配ります。
 

3. 勝敗結果

勝利した側に賭けたプレイヤーは、賭け金額の2倍が配当金として与えられますが、バンカー側が勝った場合は、2倍配当から約5%の手数料が引かれた勝ち金のみを払い戻すカジノ場が多いです。北海道カジノのバカラテーブルでも、この方式になると考えられます。

 
また、勝負が引き分け(Tie)に終わった場合は、賭け金がそのまま等倍で戻ってくることになり、そのほかには、引き分けを予想するタイ(Tie)エリアにベットしていたプレイヤーは賭け金の9倍配当が払い戻され、ペアベット(Pair Bet)エリアにベットしていたプレイヤーは賭け金の12倍配当が払い戻されることになります。
 

北海道カジノビンゴ(BINGO)のルール/やり方前のページ

北海道カジノスロットマシーンのルール/やり方次のページ

関連記事

  1. 北海道カジノのバカラゲーム

    北海道カジノバカラの攻略法&必勝法パターン

    北海道カジノバカラの攻略法&必勝法パターンバカラは、基本的にバンカ…

  2. 北海道カジノのバカラゲーム

    北海道カジノバカラの種類

    北海道カジノバカラの種類北海道カジノでは、日本の中でも北海道への観…

  3. 北海道カジノのバカラゲーム

    北海道カジノバカラのミニマム&マックスベット

    北海道カジノバカラのミニマム&マックスベット北海道は、中国や台湾、…

北海道カジノのゲーム

PAGE TOP